ビジネスホテルのサービスの違い

ビジネスホテル業界も競争が激しいため、いろいろなサービスで顧客を獲得しようと努力をしています。
眠ることに関するサービスとしては、冷蔵庫は電源が簡単に落とせるタイプを置き静かな環境を整えてくれたり、枕の種類を選べるというサービスをしているホテルもあります。
快眠できるかどうかはいいビジネスホテルか否かの印象に大きく影響を与えますので、ここで競争結果に大きな差が出てくるでしょう。
また、食事に関しては朝食が価格に入っているかどうかという点が重要で、軽食が無料でついていると得した気がします。
さらに、ネット接続が無料というのはビジネスホテルであれば標準でしょうが、Wifiが使えるかどうかで差がついています。
その他には、加湿器や空気清浄器が貸出しではなく常設されていると助かります。
ホテルの部屋は乾燥しやすいため、加湿器があることによって体調を整えやすく喉も傷めずに済みます。
あとはこれらをひっくるめた価格が合理的かどうかという点が最終的に重要になります。

ビジネスホテルは仕事で使うには十分なサービスが揃っています

ビジネスホテルは、仕事の出張で使われることが多いホテルで、素泊まりプランや朝食の付いたプランがあり、朝食付きであれば無料もしくは低価格で朝食ビュッフェが食べられます。
仕事で使う人が多いため、中心街の中や駅前に建てられています。
ホテルの1階にはコンビニエンスストアが付いていて、日用品や食品を買って過ごすことができます。
一泊5000円から1万円程度で泊まれて、部屋は一人で泊まるには十分な広さです。
日中帯は、クリーニングスタッフが部屋に入って、掃除やベッドメイキングをしてくれます。
タオル、歯ブラシ、かみそりなどのアメニティは毎日交換してもらえます。
フロントに頼めば、部屋でマッサージしてくれるサービスが受けられます。
長期出張で泊まる人向けに、シャツやスーツのクリーニングを頼めたり、フロアに洗濯機が設置されていて自分で洗濯できるようになっています。
部屋にはインターネットが付いていて、パソコンを持ち込めば有線または無線のネットワークに繋がります。

Valuable information



最終更新日:2019/8/1