地方都市のビジネスホテルであれば宿泊可能人数にも常にゆとりが

ビジネスホテルを予約無しの飛び入りで利用する際は、問い合わせをする前に予め、その宿泊可能人数を把握しておくと便利です。
その中でも特に、単身での利用が便利なシングルルームの数に注目すべきでしょう。
例え地方都市の中心街に立地しているビジネスホテルであっても、この数が多ければ多いほど、当日の宿泊申し込みに対し余裕が出てくるものなのです。
国内にある大手チェーンのビジネスホテルはシングルルームも5、60部屋は当たり前の大型の施設となっている事が多く、どの地方でも余程の事が無ければ、予約無しでも十分宿泊が可能です。
気をつけなければいけないのは、その土地の大きなお祭りといったイベント時、あるいは近隣に優れたレジャー施設やリゾート地が控えているロケーションのホテルで、この様な条件では、イベント当日あるいは夏冬の長期休暇シーズンにて予約が一杯になってしまっているケースもあるからです。
この場合は事前に目的地のイベントスケジュール等を調べ、バッティングしそうであれば早目に予約を入れてしまうのがベストでしょう。

ビジネスホテル宿泊の時、人数に関する注意点

出張や格安旅行などでビジネスホテルを利用する方も多いと思いますが、宿泊人数について色々と疑問があるという方も少なくないのではないでしょうか。
例えば、同性三人で旅行をする時、意外と三人で宿泊可能な部屋というのがないことがあります。
ツインとシングルの二部屋が取れればよいのですが、部屋が遠かったり、満室で取れないなんてこともあり得ます。
そんな時、こっそりとツインの部屋に泊まってしまえないか、と考えてはいけません。
あまり意識されないことではありますが、ホテルに宿泊する時は、ホテル側と契約を結ぶことになっていて、宿泊する人以外が部屋に立ち入ることが禁止されていることもあります。
ちょっとした入室を厳密にチェックをしているケースは多くはありませんが、過度に騒ぐことは勿論、こっそりと宿泊する行為はかなりのペナルティを課せられることもありますので、ばれないだろう、ちょっとくらいいいだろう、という考え方は絶対にいけません。
三人利用の件の場合、ホテル側が事情を考慮し対応してくれることがありますので、素直に相談してみることが最適です。

おすすめWEBサイト 5選


医療用かつら


2020/7/30 更新